ナガバミズアオイ  長葉水葵
[別名] ポンテデリア・コルダータ
[中国名] 梭鱼草 suo yu cao
[英名] pickerelweed , pickerel weed
[学名] Pontederia cordata L.
ミズアオイ科 Pontederiaceae   ポンテデリア属
三河の植物観察
ナガバミズアオイ花序
ナガバミズアオイ白花
ナガバミズアオイ葉基部
ナガバミズアオイ
ナガバミズアオイ2
ナガバミズアオイ葉
 ナガバミズアオイはミズアオイ科ポンテデリア属の栽培種。
 水生の多年草。泥の中に根を出す。栄養茎は短く、根茎をもつ。花茎は直立し、長さ120㎝以下。無柄の葉の葉身は線形。有柄の葉は水上に出る(抽水)。托葉は長さ7~29㎝。葉柄は葉身のすぐ下でくびれ、長さ60㎝以下。葉身は披針形~心形、長さ6~22㎝×幅0.7~12㎝。穂状花序は数百個の花をもち、長さ2~15㎝。仏炎苞は長さ5~17㎝。花被は藤色(mauve)、まれに白色、筒部は長さ3~9㎜、拡大部の花被片は倒披針形、長さ5~8㎜、上部の中央裂片は2裂し、黄色の斑点がある。下部の雄しべは長さ7~13㎜。上部の雄しべは長さ1.5~6.3㎜。花柱は3裂。果胞( utricle)は歯状のうねをもち、長さ4~6㎜×幅2~3㎜。花期は(3)6~11月。
 品種)  'Singapore Pink' , 'White Pike'
[花期] 6~11月
[草丈] 60~150㎝
[生活型] 水生の多年草
[生育場所] 栽培種
[分布] 帰化種  USA、メキシコ、南アメリカ原産
[撮影] 浜松市 18.9.28

 ポンテデリア属

 famiy Pontederiaceae - genus Pontederia

 1年草又は多年草。水生、根は泥の中。栄養茎は沈水で水面まで育ち、又は根茎をもつ。花茎は沈水で水面まで育ち、又は抽水で最初の節のすぐ下でくびれる。葉は無柄、基部にロゼットを形成し、葉身は質が薄い。葉柄のある葉は浮き又は水上に出る(抽水)。葉身は心形~腎形、先は鈍形~尖鋭形、花序は穂状、普通、花が50個以上つき、長期間伸び続ける。仏炎苞は折り畳まれ、先は鋭形~尖鋭形。花序柄は腺毛又は軟毛がある。花は1日限り、花被は藤色~青色、又は白色、漏斗形、花被片は長楕円形~倒披針形、腺毛又は軟毛があり、先は鈍形~尖鋭形。雄しべは6個、遠位の3個は下部の3個より短い。花糸は紫色、腺毛がある。葯は黄色、卵形~長楕円形。子房は3室、1室だけが発達して成熟する。胚珠は1個。花柱は1個又はそれ以上。果実は果胞状(utriculate)、卵形、小刺状~歯状~平滑、縦のうねがある。種子は1個、卵形、平滑。
 世界に6種あり、西半球に分布する。
【ポンテデリア属の種】
 Pontederia cordata L.
 Pontederia parviflora Alexander
 Pontederia rotundifolia L.f.
 Pontederia sagittata C.Presl
 Pontederia subovata (Seub.) Lowden
 Pontederia triflora (Seub.) G.Agostini, D.Velazquez & J.Velasquez


 ポンテデリア属の主な種

 1  Pontederia cordata L. ナガバミズアオイ
    synonym  Narukila cordata (Linnaeus) Nieuwland
    synonym Pontederia angustifolia Pursh
    synonym Pontederia lanceolata Nuttall
    synonym Pontederia cordata var. lancifolia ホソナガバミズアオイ
    synonym Pontederia cordata f. albiflora House=Pontederia lancifolia 白花

 USA、メキシコ、南アメリカ原産.英名はpickerelweed , pickerel weed。
 多年草。泥の中に根を出す。栄養茎は短く、根茎をもつ。花茎は直立し、長さ120㎝以下。無柄の葉の葉身は線形。有柄の葉は水上に出る(抽水)。托葉は長さ7~29㎝。葉柄は葉身のすぐ下でくびれ、長さ60㎝以下。葉身は披針形~心形、長さ6~22㎝×幅0.7~12㎝。穂状花序は数百個の花をもち、長さ2~15㎝。仏炎苞は長さ5~17㎝。花被は藤色(mauve)、まれに白色、筒部は長さ3~9㎜、拡大部の花被片は倒披針形、長さ5~8㎜、上部の中央裂片は2裂し、黄色の斑点がある。下部の雄しべは長さ7~13㎜。上部の雄しべは長さ1.5~6.3㎜。花柱は3裂。果胞( utricle)は歯状のうねをもち、長さ4~6㎜×幅2~3㎜。花期は(3)6~11月。
 品種)  'Singapore Pink' , 'White Pike'

  マルナガバミズアオイ(Pontederia cordata var. cordata、ホソナガバミズアオイ(Pontederia cordata var.lancifolia)などに分けられ、多くのsynonymがあるが同一種と考えられている。
 ※種レベル、変種、品種で多数のsynonymがある。しかし形態学的な広範囲の変種は1つの集団の中で観察され、個々の植物の中でさえ観察される。披針形の葉身が楔形であり、卵形の葉身が心形になる。この極端な葉の基部の形の原因を見極める研究が必要である。花序柄の短毛についても変化が観察される。ビロード状の毛のある花序柄と卵形の葉身ではわずかに基部が楔形になり、南アメリカのいくつかの集団で一貫して見られるものである。これは var. ovalis (Martius) Solms.と認識されている。(Flora of Nort America)


 参考

1) Pontederia cordata - Plant Finder - Missouri Botanical Garden
  Pontederia cordata
  http://www.missouribotanicalgarden.org/PlantFinder
   /PlantFinderDetails.aspx?kempercode=a428
2) Flora of North America
  Pontederia
  http://www.efloras.org/florataxon.aspx?flora_id=1&taxon_id=10722
3)GRIN
  Pontederia
  https://npgsweb.ars-grin.gov/gringlobal/taxonomygenus.aspx?id=9753
4)Flora of Pakistan
   Mussaenda flava (Verdc.) Balch.
  http://www.efloras.org/florataxon.aspx?flora_id=5&taxon_id=250090848

TOP Back