コメツガ  米栂
[英名] Japanese hemlock, Northern Japanese hemlock
[学名] Tsuga diversifolia (Maxim.) Mast.
マツ科 Pinaceae  ツガ属
三河の植物観察
コメツガ枝先
コメツガ葉
コメツガ球果拡大
コメツガ葉裏
コメツガ
コメツガ球果
 写真は岩の上に生えている「たこ松」と名付けられたコメツガ。 樹形は広い円錐形。樹皮は灰色、老木は細長く縦長に裂けて、剥がれる。若枝は黄褐色、軟毛がある。葉は互生し、長さ1~2㎝の扁平な線形、先は円く、小さく凹みがあり、基部も円く、短い柄がある。葉柄はあまり曲がらない。表面は緑色、裏面は白色の気孔帯が2本ある。雌雄同株。雄花は枝先につき、卵形、短い柄がある。雌花は前年枝の先につき、紫色を帯びる。球果は長さ1.5~2㎝の惰円形~卵形、果柄が曲がるが曲がりが弱い。種鱗は直径約1㎝の扇状円形。種子は長さ3~4㎜、翼は種子より長い。
 ツガは標高の低い丘陵地や山地に分布し、若枝が無毛。果柄が強く曲がり、球果が長さ2~3㎝とやや大きい。
 モミは若枝が有毛。葉先が2裂し、針状に尖る。球果が大きく、熟すと種鱗が飛散する。種鱗は横幅が広く、約3㎝、苞鱗の先が鋭く突き出る。
 ウラジロモミは若枝が無毛、溝がある。葉裏の気孔帯の白色が目立つ。苞鱗の先が種鱗から突き出ない。
[花期] 6月
[樹高] 10~20m
[生活型] 常緑高木
[生育場所] 亜高山帯の尾根や岩場
[分布] 在来種(日本固有種) 本州(中部地方以北、紀伊半島)、四国、九州
[撮影] 志賀高原  0.5.8.1
TOP Back