コガマ 小蒲
[中国名] 东方香蒲 dong fang xiang pu
[英名] broadleaf cumbungi, lesser reed-mace
[学名] Typha orientalis C.Presl
ガマ科  Typhaceae  ガマ属
mark
コガマ花序
コガマ葉鞘
コガマ葉
コガマ
コガマのカルボディアと袋果
 ガマに似て、ガマより小さく、雄花穂と雌花穂が接している。茎は高さ1.3~2m、丈夫。葉は長さ40~70㎝、幅4~9㎜、葉裏は凸面状、横断面は半円形。雄花穂は長さ2.7~9㎝、基部又は中間部分に1~3個の脱落性の苞がある。葉鞘に粘液腺はない。雌花穂は雄花穂と離れず接し、果時に長さ4.5~15㎝、幅10~20㎜、上端がやや幅広い円柱形、濃褐色、基部に1個の脱落性の苞がある。雄花は雄しべ3個、まれに2又は4個、葯は長さ約3㎜。花粉は黄色、単粒、直径15~20µm。雌花は小苞がなく、子房は紡錘形~披針形、1室、子房柄は長さ約2.5㎜、細い。花柱は長さ1.2~2㎜。柱頭はへら形、長さ0.5~0.8㎜。子房柄の毛(絹毛)は花柱とほぼ同長。果実は小さな堅果状の楕円形の袋果(follicle)、果皮は透明で、水中で縦に割れて種子を放出する。種子は長さ約1㎜。2n=60(X=15)。
 ガマの雌花穂は果期に長さ5~25㎝、幅24~36㎜、円柱形。葉の幅も幅10~23(29)㎜。
 ヒメガマは雄花穂と雌花穂が離れてつき、雌花穂は果期に長さ5~23(35)㎝、幅15~25㎜、円柱形。葉の幅は6~18㎜。葉鞘の内面に短い線状の橙褐色の粘液腺がある。
[花期] 6~8月
[草丈] 1.3~2m
[生活型] 多年草
[生育場所] 池、沼、湿地、川
[分布] 在来種 本州、四国、九州、中国、台湾、ロシア、パプアニューギニア、ミャンマー、フィリピン、オーストラリア、ニュージーランド
[撮影] 浜松市   16.7.4
TOP Back