ガマ  蒲
[中国名]

宽叶香蒲 kuan ye xiang pu

[英名]

broadleaf cattail, bulrush

[学名] Typha latifolia L.
ガマ科  Typhaceae  ガマ属
ガマ雄果穂
ガマ雄果穂拡大
ガマ柱頭のついた穂
ガマ柱頭の取れた穂
ガマ果実飛散中
ガマ種子
ガマ基部
ガマ
ガマとヒメガマの果実
ガマ果実
ガマ花粉
ガマ葉
 地下茎が横に広がって増える。茎は高さ1~2.5(3)m。花をつけるシュートは幅1~2㎝、茎は花穂近くで幅3~7㎜、頑強。葉は普通、新鮮なときに粉白を帯び、葉鞘の側面は紙質又は膜質、縁は狭く明瞭、頂部は次第に細くなり、葉身へと続き、明瞭な肩があり、まれに紙質の葉耳がある。葉鞘の粘液腺は普通、無色~不明瞭~欠く。葉は長さ45~95㎝、シュートの最も広い葉は新鮮なとき、幅10~23(29)㎜、乾くと5~20㎜、上部の葉身も幅がほぼ等しい。葉裏は凸面形、横断面は半円形。茎頂に花穂をつける。雌雄同株。上部の雄花穂は下部の雌花穂と離れず、接してつき、クローンでは 4(~8)㎝の長さの花序軸で離れてつくこともある。雄花穂は雌花穂とほぼ同長、長さ3.5~12㎝、花時の幅1~2㎝。基部又は中間部に脱落性の苞を1~3個つける。雄鱗片は無色~わら色、糸状、単一、長さ約4㎜、幅0.0.5㎜。雌花穂は花時に淡緑色、乾くと帯褐色、後に赤褐色又は帯黒色になり、果時にしばしば毛の先の白色のパッチでまだらになり、長さ5~25㎝、花時の幅5~8㎜、果時の幅24~36㎜、多数の雌花と不稔の雌花(カルポディア carpodium)が混在し、雌小苞は無い。雌花はcompound pedicelの上につき、compound pedicelは果時に剛毛状、同じ花穂につくものも変化し、長さ1.5~3.5㎜。雄花は長さ5~12㎜、雄しべが普通2個、まれに1又は3個。葯は長さ1~3㎜。葯室は黄色、先は暗褐色。花粉は4粒が合着した4集粒(tetrad)。雌花は花時に長さ2~3㎜、果時に長さ10~15㎜。柄の毛(pistil hair)は無色、集まると白色、大きくならない。雌小苞は無い。柱頭は残存性、花穂の表面の硬い層を形成し、花時に淡緑色、乾くと褐色になり、後に赤褐色又は先が普通、帯黒色になり、へら形~卵形~卵状披針形、長さ0.6~1㎜、幅0.2~0.25㎜。終期に果実が熟すと柱頭が取れ、果穂は淡褐色になり、カルポディアが柄の毛の間から見えるようになり、カルポディアはわら色、柱頭が無く、先が丸い。果実は小さな堅果状の披針形の袋果(follicle)、細長い柄がある。柄の基部に白色の長毛があり、風で飛散する。果皮は透明で、水中で縦に割れて1個の種子を放出する。種子は長さ約1㎜。2n=30。
 コガマはガマに似て、雄花穂と雌花穂が接している。ガマより小さく、葉は幅.4~9㎜。雌花穂は果期に長さ4.5~15㎝、幅10~20㎜、上端がやや幅広い円柱形、濃褐色。花粉が単粒。
 ヒメガマは雄花穂と雌花穂が離れてつき、雌花穂は果期に幅13~25㎜、円柱形、葉鞘の内面に褐色の粘液腺があり粘る。
[花期] 6~8月
[草丈] 1~2.5m
[生活型] 多年草
[生育場所] 池、沼、湿地、川
[分布] 在来種  北海道、本州、四国、九州、中国、ロシア、モンゴル、パキスタン、西南アジア、アフリカ、ヨーロッパ、アメリカ
[撮影] 蒲郡市   05.7.20
TOP Back