キリンソウ  黄輪草
[学名] Phedimus aizoon (L.) 't Hart var. floribundus (Nakai) H.Ohba
Phedimus ellacombianus (Praeger) ’t Hart
Sedum aizoon L. var. floribundum Nakai
Sedum aizoon L. subsp. kamtschaticum auct. non (Fisch.) Frod.
ベンケイソウ科 Crassulaceae  キリンソウ属
三河の植物観察
キリンソウの花序
キリンソウの花
キリンソウの葉
キリンソウの果実
キリンソウ
キリンソウ種子
 三河でも見られるが、栽培されることが多いため、自生かどうか不明なものも多い。寸又峡のものはガレ場に群生し、自生種と思われる。ホソバノキリンソウの変種として分類されているが、キリンソウとホソバノキリンソウを区別しない見解もある。中国名は费菜(fei cai )。
 茎は円柱形、多肉質、直立又は斜上する。葉は互生し、多肉質、形は変化が多く、長さ2~7㎝の広倒卵~広倒披針形、葉の先は円頭~やや尖る。葉の上半部だけに鈍い鋸歯があるのが特徴。茎の先端に黄色の花が輪になって咲く。花弁は5個、長さ約6㎜。雄しべ10個。花糸の基部に蜜腺がある。袋果は幅約5㎜の星形、赤褐色に熟し、上部が裂開する。種子は長さ1.0~1.5㎜、翼がある。2n=32,33,34,48,61,64,78,80,84,85,88,93~97,102 。4倍体 (2n=32) が東日本に多く、高次倍数体は西日本に多い。
 愛知県内には分布しないホソバノキリンソウ var. aizoon は葉がやや細く、鋸歯が基部まである。
[花期] 5~8月
[草丈] 20~50㎝
[生活型] 多年草
[生育場所] 海岸、山地 の岩場
[分布] 在来種  北海道、本州、四国、九州、朝鮮、中国、モンゴル、ロシア
[撮影] 寸又峡 07.8.5
TOP Back