ホソバノキリンソウ  細葉の黄輪草
[別名] ナガバノキリンソウ, ミヤマキリンソウ
[中国名] 费菜 fei cai
[英名] Aizoon stonecrop
[学名] Phedimus aizoon (L.) 't Hart var. aizoon
Sedum aizoon L. var. aizoon
ベンケイソウ科 Crassulaceae キリンソウ属
三河の植物観察
ホソバノキリンソウ
ホソバノキリンソウ
ホソバノキリンソウ
 茎は円柱形、肉質で、直立する。葉は互生し、長さ3.5~8㎝、幅1.2~2㎝の披針形~卵状披針形、縁に鋸歯がある。茎の先端に黄色の花が輪になって咲く。花弁は5個、黄色、長さ6~10㎜。雄しべ10個、花弁より短く、花弁の間につく雄しべより花弁につく雄しべはやや短い。袋果は放射状につき、長さ約7㎜。種子は長さ約1㎜、惰円形。
 類似のキリンソウは春から咲き, 葉先の半分だけに鋸歯がある。
[花期] 7~8月
[草丈] 20~50㎝
[生活型] 多年草
[生育場所] 山地の草原、林内
[分布] 在来種 北海道、本州(中部地方以北)、朝鮮、中国、モンゴル、ロシア
[撮影] 八島ケ原湿原   03.8.7
TOP Back