キヌガサソウ  衣笠草
[別名] ハナガサソウ
[学名] Paris japonica (Franch. et Sav.) Franch.
シュロソウ科 Melanthiaceae  キヌガサソウ属
三河の植物観察
キヌガサソウの花
キヌガサソウの花
キヌガサソウの内花被片
キヌガサソウの花柱と子房
キヌガサソウ
キヌガサソウの葉
 旧分類ではユリ科に属した。和名は笠状に輪生する葉を衣笠(花笠)に見立てたもの。
 葉は長さ20~30㎝、茎頂に8~10個輪生し、全縁、無毛。葉先は円く、先端が小さく尖る。葉の中央から花柄を伸ばし、直径5~10㎝の花を1個だけつける。花弁に見えるのは外花被片(萼片)、白色から次第に淡紅色に変わり、最後には緑色に変化する。内花被片(花弁)は小さい線状、外花被片と同数つく。花柱も外花被片と普通、同数、外側へ反曲する。淡紅色の花の花柱は褐色を帯び、下部の子房が大きくなり始めている。果実は直径約2㎝の液果、暗紫色に熟す。
[花期] 7~8月
[草丈] 50~80㎝
[生活型] 多年草
[生育場所] 亜高山~高山の湿った林縁、草地
[分布] 在来種(日本固有種) 本州(中部以北)
[撮影] 栂池自然園  07.7.27
TOP Back