キカシグサ  
[中国名] 节节菜 jie jie cai
[英名] Indian toothcup
[学名] Rotala indica (Willd.) Koehne
Rotala indica (Willd.) Koehne var. uliginosa (Miq.) Koehne.
ミソハギ科 Lythraceae  キカシグサ属
三河の植物観察
キカシグサの花
キカシグサの花
キカシグサの果実
キカシグサの熟した果実
水中のキカシグサ
キカシグサ根
キカシグサ
キカシグサ葉
キカシグサ果実と種子
キカシグサ種子
 水田ではよく見られる。水田にもよるが、枝分かれが少なく、丈も5㎝以下と小さく目立たないものも多い。湿地ではよく分枝し、かなり大きくなる。茎は柔らかく、根元で横に這い、節から根を出して広がる。葉は対生し、先が丸く、長さ5~10㎜、幅3~5㎜の倒卵状楕円形。花は直径2~3㎜。花弁が小さく、三角形の萼の間に丸く見えるのが花弁である。萼は筒状鐘形で先が4裂。花弁は4個、雄しべも4個。蒴果は長さ約2㎜、卵形。種子は長さ約0.8㎜、細長い。
 ミズマツバは全体に小さく、葉が細い。
[花期] 8~10月
[草丈] 5~15㎝
[生活型] 多年草
[生育場所] 水田、湿地
[分布] 在来種  北海道(西南部)、本州、四国、九州、朝鮮、中国、台湾、インド、ブータン、ネパール、スリランカ、カンボジア、フィリピン、ラオス、インドネシア、ミャンマー、マレーシア、タイ、ベトナム、中央アジア
[撮影] 幸田町  05.9.21
TOP Back