キバナウンラン  黄花海蘭
[別名] ダルマチカ
[英名] Dalmatian toadflax , broadleaf toadflax
[学名] Linaria dalmatica (L.) Mill. subsp. dalmatica
Linaria genistifolia (L.) Mill. subsp. dalmatica (L.) Maire et Petitm.
オオバコ科 Plantaginaceae  ウンラン属
三河の植物観察
キバナウンランの花
キバナウンランの葉
キバナウンラン
 アメリカやカナダにも広く帰化し、日本でもところどころで見られる。科はゴマノハグサ科からオオバコ科へ移動された。
 直立し、分枝する。葉は互生し、長さ6㎝以下、卵形~披針形、全縁、先が尖り、基部は茎を抱く。萼は長さ2~12㎜、5深裂し、裂片は線形~三角形。花は黄色の仮面状花。花冠は長さ2~5㎝。上唇と下唇からなり、上唇は先が2裂し、下唇には橙色の隆起部分があり、筒部は先が細長い距となる。果実は長さ約3~7㎜。種子は長さ約1.2㎜、ピラミッド形。
 ホソバウンランは花の形はほとんど同じだが、下唇の隆起部分がもう少し濃い橙色であり、葉の幅が狭く披針形。
[花期] 5~7月
[草丈] 20~120㎝
[生活型] 多年草
[生育場所] 草地、道端
[分布] 帰化種 ヨーロッパ原産
[撮影] 稲武町 05.6.12
TOP Back