キバナアキギリ  黄花秋桐
[英名] Japanese woodland Sage
[学名] Salvia nipponica Miq.
シソ科  Lamiaceae (Labiatae)  アキギリ属
三河の植物観察
キバナアキギリの花序
キバナアキギリの花
キバナアキギリの花横
キバナアキギリ
キバナアキギリ葉
 茎は開出する軟毛が生え、基部はやや倒れ、先は直立し、枝分かれは少ない。葉は対生し、長さ5~10㎝の三角状鉾形、基部が耳状に張り出す。葉縁には不揃いの三角状の鋸歯がある。葉柄は長さ3~15㎝。花は穂状花序につき、黄色の唇形花がつく。花冠は長さ約3㎝。花冠や萼にも開出毛が生える。先が淡紅紫色の雌しべが花冠より長く突き出る。
 台湾には変種 var. formosana がある。中国名は台湾鼠尾草(tai wan qin zhu cao)
 キソキバナアキギリv ar. kisoensis は三河地方でも見られ、花が白色に近い淡黄色の変種である。
[花期] 8~10月
[草丈] 20~40㎝
[生活型] 多年草
[生育場所] 山地の林内
[分布] 在来種(日本固有種) 本州、四国、九州
[撮影] 美ケ原高原  09.8.21
TOP Back