ケトダシバ  毛戸田芝
[別名] アラゲトダシバ
[中国名] 毛秆野古草 mao gan ye gu cao
[学名] Arundinella hirta (Thunb.) C.Tanaka var. hirta
イネ科 Poaceae  トダシバ属
ケトダシバ穂
ケトダシバの葉鞘
ケトダシバの葉表
ケトダシバの葉裏
ケトダシバの果実
ケトダシバ
ケトダシバ小穂
ケトダシバ小穂2
 トダシバの変種で、葉や葉鞘に長毛がある。トダシバは低地で普通に見られるが、ケトダシバは山地か~高地の山地に生育する。根茎と種子によって増える。茎は叢生するが大株とならない。茎の節に短毛が密生する。葉は質が堅く、葉縁及び両面に3~5㎜の長毛がやや斜上して密生する。葉鞘にも長毛が密生する。花序は長さ7~15㎝の狭長円錐花序。小穂は長さ約4㎜、淡紫褐色~紫褐色を帯び、2個ずつ対につく。紫褐色の小穂から突き出た葯とブラシ状の柱頭も紫褐色、花序全体の紫色がトダシバより強い。小穂には小花が2個ある。第1小花は雄性。第2小花は両性で結実する。第2小花の基部には白毛がある。果実は長さ約2㎜の長卵形。2n=28,34,36,56
 トダシバの毛の量には変化が多く、ウスゲトダシバ、ケトダシバを含めてトダシバとし、変種としない説もある。
 オニトダシバ var. hondana は小穂に剛毛があるもの。
[花期] 8~10月
[草丈] 30~120㎝
[生活型] 多年草
[生育場所] 山地~高山の草原
[分布] 在来種  北海道、本州、四国、九州、朝鮮、中国、台湾、ロシア
[撮影] 蒲郡市豊岡町 09.9.25
TOP Back