ケイヌビエ  毛犬稗
[別名] クロイヌビエ
[学名] Echinochloa crus-galli (L.) P.Beauv. var. echinata (Willd.) Honda
Echinochloa crus-galli (L.) P.Beauv. var. caudata Kitagawa
イネ科 Poaceae   ヒエ属
三河の植物観察
ケイヌビエの穂
ケイヌビエの葉基部
ケイヌビエとイヌビエの中間タイプの小穂
ケイヌビエ果実
ケイヌビエ
ケイヌビエの小穂
 イヌビエうち、特に長い毛(芒)があるもの。イヌビエより全体に大きいことが多く、小穂の長さの4~5倍の長い芒が第1小花の護頴につき、暗紫褐色を帯びることが多い。第1小花の護頴表面は平らで膨らまないなど、芒の長さ以外はイヌビエと変わらない。イヌビエの変種とされていたが、芒の長さが不揃いになるイヌビエとケイヌビエの中間型も存在し、イヌビエと同種として扱うようなっている。
[花期] 7~10月
[草丈] 60~120㎝
[生活型] 1年草
[生育場所] 水田、道端、草地、荒地、湿地
[分布] 在来種 本州、四国、九州、朝鮮、中国、台湾、世界の温帯~熱帯に広く分布
[撮影] 幸田町  12.7.28
TOP Back