カワズスゲ  蛙菅
[学名] Carex omiana Franch. et Savat. var. monticola Ohwi.
カヤツリグサ科 Cyperaceae スゲ属
三河の植物観察
カワズスゲの穂
カワズスゲの穂
カワズスゲの果胞
カワズスゲ
 ヤチカワズスゲの高山型の変種。ヤチカワズスゲより小型、高さ30㎝以下、果胞は長さ3.5~4㎜。
 チャボカワズスゲは屋久島の高地に自生し、高さ10㎝以下。
 同じように亜高山帯の湿原に生えるミタケスゲは苞が葉状で長く、雌小穂が細長く、果胞も大きい。
[果期] 6~7月
[草丈] 10~30㎝
[生活型] 多年草
[生育場所] 亜高山帯の湿原
[分布] 在来種 北海道、本州(中部地方以北)
[撮影] 栂池自然園 07.7.27
TOP Back