カワラハンノキ  河原榛の木
[学名] Alnus serrulatoides Callier
カバノキ科 Betulaceae  ハンノキ属
三河の植物観察
カワラハンノキの花序
カワラハンノキ開花前の花芽
カワラハンノキ未熟な果穂
カワラハンノキ枝と葉柄
カワラハンノキの幹
カワラハンノキ
カワラハンノキの葉表
カワラハンノキの葉裏
カワラハンノキ葉裏の白毛
 幹は暗褐色、皮目があり、下部からよく枝分かれする。葉は互生し、長さ5~10㎝、幅3~7㎝の広倒卵形、やや厚い洋紙質、先は円形、基部は広い楔形、縁に浅い波状の鋸歯がある。葉脈は裏面に隆起し、側脈は6~9対、脈腋に白色の毛がある。葉柄は長さ5~10㎜。雌雄同株。葉の展開前に開花する。雄花序は長さ6~8㎝、枝先に2~5個、垂れ下がってつき、花序の柄は長さ6~8㎝。雌花序は雄花序の下に1~5個ずつ、上向きにつく。果穂は長さ15~20㎜の広楕円形、垂れ下がる。果鱗は長さ4~5㎜の扇形。堅果は長さ約3㎜の広卵形、翼はほとんどない。
 ハンノキ Alnus japonica は樹高が高く、幹が不規則に浅く裂ける。葉先が尖り、葉幅も狭い。
 ミヤマカワラハンノキAlnus faurieiは日本海岸に分布し、雄花序の冬芽が直立し、葉裏の脈腋に褐色の毛がある。
[花期] 2~3月
[樹高] 5~7m
[生活型] 落葉低木~小高木
[生育場所] 河原、河岸、湿地
[分布] 在来種(日本固有種) 本州(東海地方以西)、四国、九州(宮崎県)
[撮影] 西尾いきものふれあいの里  13.10.14
TOP Back