カツラ  桂
[別名] トワダカツラ
[中国名] 连香树 lian xiang shu
[英名] katsura-tree
[学名] Cercidiphyllum japonicum Siebold et Zucc. ex Hoffm. et Schult.
カツラ科 Cercidiphyllaceae  カツラ属
三河の植物観察
カツラの葉2
カツラの果実
カツラ裂開した果実
カツラの枝
カツラの若木の幹
カツラの幹
カツラ
カツラの黄葉
カツラの葉
カツラ種子
 山地の湿った谷沿いなどに自生が多いが、神社などに植栽されているものも多い。日本各地に巨木が残っており、樹高が30mを超え、天然記念物に指定されているものも多い。中でも兵庫県の糸井の大カツラは樹齢2000年と推定されている。古くなると周囲に孫生えが出て太くなり、主幹が空洞になっても枯れない。山形県にある権現山の大カツラと地蔵鞍の大カツラは全周が約20mもある。
 樹幹は直立する。幹は暗灰褐色、樹皮は縦に浅い割れ目が入り、老木では薄く剥がれる。枝は赤褐色~褐色、丸い皮目がある。短枝と長枝の葉の形が異なる。短枝では葉が1個つき、葉柄が長さ1.4~4.7㎝、葉身が長さ3.7~9㎝、幅5~8.3㎝の卵形~腎形、先が円く、基部は心形、円鋸歯縁。長枝では対生し、葉柄が長さ1.5~2㎝、葉身が長さ3.2~4.5㎝、幅1.9~3.2㎝の卵形~倒卵形~披針形、先が尖り、基部は心形~切形、鋸歯縁。葉の両面とも無毛、葉裏は粉白色を帯びる。雌雄異株。葉が展開する前に開花する。花は対生してつき、花弁、萼片がなく、基部に膜質の苞がある。雄花は雄しべが垂れ下がり、葯が長さ3~4㎜、紅紫色、花糸は長さ5~6㎜、白色。雌花は雌しべが3~5個、柱頭が紅紫色。果実は長さ10~18㎜、幅2~3㎜の円柱形の袋果が雌しべの数だけ集まってつき、黒紫色に熟し、先から2裂する。種子は扁平、片側に翼があり、長さは翼を含めて4~5㎜。2n=38
 フサザクラも花弁や萼がなく、雄しべが垂れ下がって花がよく似ている。両性花であり、花は対生してつかない。葉の先が尾状に尖り、基部は円形、鋸歯が粗い。果実は翼果。
[花期] 4~5月
[樹高] 10~30m
[生活型] 落葉高木
[生育場所] 山地の谷沿い
[分布] 在来種 北海道、本州、四国、九州、中国
[撮影] 豊橋市  13.12.4
TOP Back