カニコウモリ  蟹蝙蝠
[学名] Parasenecio adenostyloides (Franch. et Sav. ex Maxim.) H.Koyama
Cacalia adenostyloides (Franch. et Sav. ex Maxim.) Matsum.
キク科 Asteraceae (Compositae)  コウモリソウ属
三河の植物観察
カニコウモリの花
カニコウモリの葉
カニコウモリ
 和名は葉の形が蟹の甲羅に似たコウモリソウであることから。葉は互生し、円腎形で、切れ込みが浅く、不規則な鋸歯があり、蟹の甲羅に似ている。葉には長い柄がつき、下部の葉ほど大きい。葉の間から長い花柄を直立し、上部の円錐花序に小さな白色の頭花を多数つける。頭花は3~5個の筒状花からなり、開花すると先が5裂し、雄しべが、外に突き出る。総苞片は3個。
 コウモリソウは葉が三角状ほこ形。
[花期] 8~9月
[草丈] 50~100㎝
[生活型] 多年草
[生育場所] 山地~亜高山帯の林内、林縁
[分布] 在来種(日本固有種) 本州(近畿地方以北)、四国
[撮影] 栂池自然園  07.7.27
TOP Back