イワセントウソウ  岩仙洞草
[中国名] 东亚囊瓣芹 dong ya nang ban qin
[学名] Pternopetalum tanakae (Franch. et Savat.) Hand.-Mazz.
セリ科 Apiaceae (Unbelliferae)  イワセントウソウ属
三河の植物観察
イワセントウソウの花
イワセントウソウの茎葉
イワセントウソウの根生葉
イワセントウソウ
 山野で見られるセントウソウより全体に繊細である。
 茎は1~2本、直立し、分枝は少ない。全体に無毛。根生葉は長さ2~4㎝、幅1.5~3.5㎝、2 回3出複葉、小葉は細かく深裂する。茎葉は根生葉と違い、線形に分裂するのが特徴。茎頂に複散形花序を出し、長い花茎の先に小さな白色の花を多数つける。花弁は5個。
[花期] 5~6月
[草丈] 10~25㎝
[生活型] 多年草
[生育場所] 深山の日陰の湿った苔上
[分布] 在来種 本州、四国、九州、朝鮮、中国
[撮影] あてび平(長野県)  05.5.29
TOP Back