イワガラミ  岩絡
[英名] climbing-hydrangea, Japanese-hydrangea
[学名] Schizophragma hydrangeoides Sieb. et Zucc.
アジサイ科 Hydrangeaceae  イワガラミ属
三河の植物観察
イワガラミ花序
イワガラミ装飾花の萼
イワガラミ両性花の蕾
イワガラミ両性花の開花中
イワガラミ両性花の開花後
イワガラミの葉
イワガラミの太い蔓
イワガラミ
イワガラミ葉の表裏
イワガラミ葉の鋸歯
イワガラミ葉裏の毛
イワガラミ葉柄
イワガラミの蔓
 気根を出して岩や木に這い昇る。樹皮は灰色、縦に割れ目が入る。葉は対生し、長さ5~15㎝の広卵形、先が尖り、基部は円形~浅い心形。葉表は暗緑色、葉裏は緑白色、脈に伏毛が密生する。葉縁にまばらに先の尖った鋸歯があり、鋸歯は葉の片側21個以下。葉柄は長さ3~10㎝、赤色を帯びることが多い。枝先に直径10~20㎝の散房花序をつける。装飾花の萼片は1個だけであり、白色の卵形~広卵形、脈が目立ち、白い小さな葉のようである。両性花の花弁は白色、5個あり、丸い蕾のときにはあるが、開花と同時に帽子を脱ぐように落ちてしまう。雄しべ10個。花柱は1個、柱頭は4~5裂する。果実は長さ5~7㎜の倒円錐形の蒴果、10個の稜があり、熟すと稜間に隙間ができ、種子が落ちる。種子は長さ3~3.5㎜の線形。2n=28。
 ツルアジサイの葉の鋸歯は片側30個以上。装飾花の萼片は3~5枚、両性花の蕾が黄白色。
[花期] 6~8月
[樹高] つる性(長さ10~15m)
[生活型] 落葉つる性木
[生育場所] 山地の林内
[分布] 在来種  北海道、本州、四国、九州、朝鮮
[撮影] 岡崎市(旧額田町)  13.6.27
TOP Back