イチイガシ  一位樫
[中国名] 赤皮青冈 chi pi qing gang
[学名] Quercus gilva Blume
Cyclobalanopsis gilva (Blume) Oerst.
ブナ科 Fagaceae  コナラ属
三河の植物観察
イチイガシの枝先
イチイガシのドングリ拡大
イチイガシ葉裏の星状毛
イチイガシの葉柄
イチイガシの幹
イチイガシ
イチイガシの枝先
イチイガシ葉表
イチイガシの葉の裏
イチイガシのドングリ
 神社に植栽されることが多く、天然記念物に指定されている木も多い。果実は渋味がなく、あく抜きせずに食べることができる。
 幹は灰褐色~灰黒色。葉は互生し、革質、長さ6~14㎝、幅2~4㎝の倒披針形、葉先は鋭く尖り、基部は楔形。葉先の上半分に鋭い鋸歯がある。葉表は濃緑色、葉裏は黄褐色の星状毛が密生する。葉柄は長さ1~1.5㎝。雌雄同株。雄花序は新枝の下部に数個、集まって垂れ下がってつき、長さ5~16㎝。雄花序には長さ約3㎜の苞が多数つき、苞に1個ずつ雄花がつく。雄しべは7~10個。雌花序は新枝の上部の葉腋に直立し、数個の雌花がつく。花柱は3個。堅果は長さ1.5~2㎝、幅1.1~1.3㎝の卵形、頭部に星状毛があり、1年目の秋に熟す。殻斗は円錐形で浅く、星状毛がある。
 ウラジロガシ Quercus salicina は葉の鋸歯が粗く、葉裏の星状毛がなく、粉白色。
 シラカシ Quercus myrsinifolia は葉の鋸歯が浅く、裏面は星状毛がなく、灰緑色。殻斗がやや深い。
[花期] 4~5月
[樹高] 10~20m
[生活型] 常緑高木
[生育場所] 山地
[分布] 在来種  本州(関東地方以西)、四国、九州、沖縄、済州島、中国、台湾
[撮影] 幸田町 12.2.24
TOP Back