シラカシ  白樫
[中国名] 小叶青冈 xiao ye qing gang
[英名] bamboo-leaf oak, Chinese evergreen oak, Japanese whiteoak
[学名] Quercus myrsinifolia Blume
Cyclobalanopsis myrsinifolia (Blume) Oerst.
Quercus myrsinaefolia Blume
Cyclobalanopsis myrsinaefolia (Blume) Oerst.
ブナ科 Fagaceae  コナラ属
三河の植物観察
シラカシの未熟な果実
シラカシの未熟な果実2
シラカシの殻斗の細毛
シラカシの幹
シラカシ
シラカシ葉
シラカシの葉裏
 和名は、材がアカガシに比べて淡色であることから。庭木や生垣によく使われている。学名はQuercus myrsinaefolia とQuercus myrsinifoliaが使われている。Quercus myrsinifolia が正しいようである。
 幹は灰黒色で、皮目が縦に並び、割れ目はない。葉は互生し、やや革質、長さ7~14㎝の狭長楕円形、葉先は尖り、基部は楔形。葉の先から2/3以上に浅い鋸歯がある。葉表は光沢があり、裏は灰緑色。葉柄は長さ1~2㎝。雌雄同株。雌花序は新芽の葉脇につき、短く立ち上がり、雌花を3~4個つける。雄花序は長さ5~12㎝、垂れ下がる。雄花は褐色の苞の脇に1~3個ずつつく。果実は長さ1.5~1.8㎝の卵形の堅果で、その年の秋に熟す。殻斗は長さ約10㎜と深く、横縞の輪が6~8個、灰白色の細毛が密生する。2n=24
 ウラジロガシは、葉の鋸歯が鋭く、裏面が粉白色。堅果がやや幅広く、広卵形。
 イチイガシは葉の鋸歯が葉の先1/2程度で、裏に黄褐色の星状毛が密生する。
 アラカシは葉の鋸歯が粗く、葉の先から1/2程度までしかない。堅果も丸く、卵球形。
[花期] 5月
[樹高] 10~20m
[生活型] 常緑高木
[生育場所] 山地、公園、庭
[分布] 在来種  本州(新潟県、福島県以南)、四国、九州、朝鮮、中国、台湾、ラオス、タイ、ベトナム
[撮影] 蒲郡市 12.10.12
TOP Back