イチゴツナギ  苺繋
[別名] ザラツキイチゴツナギ
[中国名] 硬质早熟禾 ying zhi zao shu he
[学名] Poa sphondylodes Trin.
イネ科 Poaceae  イチゴツナギ属
三河の植物観察
イチゴツナギ小穂
イチゴツナギ小花
イチゴツナギ葉鞘
イチゴツナギ枝
イチゴツナギ
イチゴツナギ花序
イチゴツナギ果実
 茎は基部から直立、叢生する。葉は粉白色を帯び、ざらつき、葉先は次第に細くなり尖る。葉舌は白色の薄膜質、先が尖り、長さ3~9㎜。葉鞘は無毛、ざらつく。茎の先に長さ5~15㎝の円錐花序をつける。花序枝は3~6本ずつ輪生し、小刺がありざらつく。小穂は淡緑色、無毛、長さ4~5㎜の卵形。小花は3~5個。苞頴は鋭頭で、第1苞頴は第2苞頴より短い。護頴は中央脈上に長毛があり、基部に長い縮毛がある。果実は淡褐色、長さ1~1.3㎜。
 ナガハグサは根茎が横に這い、葉先がボート状で葉舌が切形。オオスズメノカタビラは茎の基部が伏臥し、葉舌が鋭頭、小穂の上部の小花が小さい。コイチゴツナギは葉先が急尖頭、茎が扁平。ミゾイチゴツナギは花序が長く、枝が開出し、小穂の脈間に毛が多い。オオイチゴツナギは葉先がやや急尖頭、花序が短く、枝が開出し、小穂の脈間に毛がほとんどない。
[花期] 5~6月
[草丈] 30~70㎝
[生活型] 多年草
[生育場所] 道端、堤防
[分布] 在来種 北海道、本州、四国、九州、朝鮮、中国、台湾、ロシア
[撮影] 幡豆町  11.5.31
TOP Back