イヌカキネガラシ  犬垣根芥子
[中国名] I东方大蒜芥 dong fang da suan jie
[英名] Indian hedge mustard, Oriental hedge mustard, eastern rocket, wild mustard
[学名] Sisymbrium orientale L.
アブラナ科 Brassicaceae (Crucifera)  カキネガラシ属
三河の植物観察
イヌカキネガラシの花序
イヌカキネガラシの花
イヌカキネガラシの花横
イヌカキネガラシの萼
イヌカキネガラシの種子
イヌカキネガラシ
イヌカキネガラシ上部の葉
イヌカキネガラシ葉
イヌカキネガラシ果実
 世界に広く分布する。昭和初期に移入し、市街地に多く帰化している。茎は直立し、分枝する。葉は長さ3~8㎝、羽状に深裂し、曲がっていることが多い。茎上部の葉は裂片が少なく、下部の葉は基部が矛形に張り出す。花は直径約1㎝の黄色の4弁花。萼片は4個、白色の毛が多い。果実(長角果)は長さ7~10㎝、幅約1㎜の細い円柱形、枝先で開出したり、斜上したりして目立つ。果実は2室に分かれ、種子は1列ずつ並ぶ。種子は長さ1~1.5㎜。2n=14
 カキネガラシは果実が長さ1.5㎝以下で枝に密着してつき、遠くからは1本の果実のように見え、よく似ている。
[花期] 4~7月
[草丈] 20~80㎝
[生活型] 1年草
[生育場所] 道端、荒地
[分布] 帰化種 アフリカ、アジア、ヨーロッパ原産
[撮影] 蒲郡市23号線道端 11.6.15
TOP Back