フシグロセンノウ  節黒仙翁
[学名] Silene miqueliana (Rohrb.) H.Ohashi et H.Nakai
Lychnis miqueliana Rohrb.
ナデシコ科 Caryophyllaceae  マンテマ属
三河の植物観察
フシグロセンノウの花序
フシグロセンノウの花
フシグロセンノウの花弁の基部
フシグロセンノウの蕾
フシグロセンノウ
フシグロセンノウの葉
 センノウ属 Lychnis、ナンバンハコベ属 Cucubalus はマンテマ属に含められるようになった。
 茎は直立し、上部で分枝し、節が太くなり、黒紫色を帯びる。葉は対生し、長さ4~12㎝、幅2.5~5㎝、先が尖り、縁に毛がある。花は3.5~5㎝。花弁は5個。花弁は長さ2.5~3㎝の倒卵形、先が円く、中央に明瞭な溝が見える。花弁の基部には花弁と同色の鱗片が2個ずつつく。雄しべ10個、5個ずつ2列につき、葯は紫色。萼は長さ2.5~3㎝の長円筒形、先が5裂し、蕾の時は2片が長い。蒴果は長楕円形、先が5裂する。種子は腎形、小突起を密生する。
 マツモトセンノウは花弁の先が浅く2裂し、縁に歯牙がある。
[花期] 7~10月
[草丈] 40~80㎝
[生活型] 多年草
[生育場所] 山地の林下
[分布] 在来種(日本固有種) 本州、四国、九州
[撮影] 面ノ木 05.8.15  設楽町 07.9.8
TOP Back