ヒトツバテンナンショウ  一葉天南星
[学名] Arisaema monophylum Nakai
サトイモ科 Araceae  テンナンショウ属
三河の植物観察
ヒトツバテンナンショウ葉
ヒトツバテンナンショウ花
ヒトツバテンナンショウ
 葉は1枚、小葉は7~9枚。仏炎苞は緑色で、筒部は細い。仏炎苞の内面に八の字形の濃紫色の斑紋がある。ムラサキマムシグサも葉が1枚のものが見られることがある。小葉の数が少なく、仏炎苞の筒部が細いので、ヒトツバテンナンショウとしたが、ムラサキテンナンショウの可能性も高い。日本海側に分布するヒロハテンナンショウも葉が1枚であるが、小葉に柄がほとんどない。
[花期] 4~5月
[草丈] 20~60㎝
[生活型] 多年草
[生育場所] 林縁、林内
[分布] 在来種(日本固有種) 本州(中部以北)
[撮影] 稲武町 02.5.30
TOP Back