ヒルザキツキミソウ  昼咲月見草
[英名] showy eveningprimrose
[学名] Oenothera speciosa Nutt.
アカバナ科 Onagraceae  マツヨイグサ属
三河の植物観察
ヒルザキツキモソウの花
ヒルザキツキモソウの萼片
ヒルザキツキモソウの花2
ヒルザキツキモソウの葉
ヒルザキツキモソウ
ヒルザキツキモソウ葉表
ヒルザキツキモソウ葉裏
 観賞用に輸入され、野生化したもの。横に伸びる根茎で群生する。茎は下部が木質化する。葉は互生し、線状長楕円形、浅い上部の葉は波状の鋸歯があり、下部の葉は深く切れ込む。花は4花弁で、直径3~4㎝。花色は白花。しぼむと淡紅色になる。果実は棍棒状、8稜があり、断面は菱形。
 花色が淡紅色のものはモモイロヒルザキツキミソウといい、道端で普通に見られるのはモモイロヒルザキツキミソウである。
 アメリカでもピンクの花が普通であり、白花と区別せず、モモイロヒルザキツキミソウ var. childsii (L.H. Bailey) Munz をSynonymsとしている。
[花期] 5~8月
[草丈] 30~60㎝
[生活型] 多年草
[生育場所] 道端、草地
[分布] 帰化種  北アメリカ原産
[撮影] 西尾市(宮崎海岸)    12.6.15
TOP Back