ヒロハイヌノヒゲ  広葉犬の髭
[別名] ヒロハノイヌノヒゲ
[中国名] 宽叶谷精草 kuan ye gu jing cao
[学名] Eriocaulon robustius (Maxim.) Makino
ホシクサ科 Eriocaulaceae  ホシクサ属
三河の植物観察
ヒロハイヌノヒゲ頭花
ヒロハイヌノヒゲ頭花
ヒロハイヌノヒゲ総苞
ヒロハイヌノヒゲの雄花
ヒロハイヌノヒゲの茎
ヒロハイヌノヒゲ
ヒロハイヌノヒゲ葉
ヒロハイヌノヒゲ雌花
 葉は柔らかく、放射状に多数つき、長さ9~12㎝、葉の幅が広く、基部では特に広く、幅約1~1.5㎝になる。 花茎は葉より短く、ほとんど捻じれない。頭花は直径7~9㎜の半球形で、雌花と雄花が混生し、総苞片は多数つき、長さ3~4㎜と短く目立たない。花は3数性。雄花は葯が黒色、ほぼ無毛。雌花は花苞1個、仏炎苞状の萼が1個、花弁は離生し、3個、子房は3室、花柱は先が3裂。毛は少なく花弁の内側だけにある。
 この場所では水田の中に生えるため、稲刈りの時期に芽が出て、開花が9月下旬以降と遅い。
 ホシクサは全体に小さく、葉の基部の幅も狭く、頭花が球形。
[花期] 8~10月
[草丈] 10~20㎝
[生活型] 1年草
[生育場所] 水田、湿地
[分布] 在来種  北海道、本州、四国、九州、朝鮮、中国、ロシア
[撮影] 田原市  06.10.21
TOP Back