ヒメウワバミソウ  姫蟒蛇草
[学名] Elatostema japonicum Wedd.
Elatostema umbellatum Blume var. umbellatum
イラクサ科 Urticaceae  ウワバミソウ属
三河の植物観察
ヒメウワバミソウの雄花序
ヒメウワバミソウの花
ヒメウワバミソウ
ヒメウワバミソウ
ヒメウワバミソウの葉
 ウワバミソウと同じように山菜とされる。ウワバミソウより小型。
 茎はときに分枝し、緑色、赤色を帯びることも多い。葉は互生し、長さ3~6㎝の歪んだ卵状長楕円形、縁に5対以下の粗い鋸歯があり、葉先は長く尾状に伸びる。雌雄異株。雄花序は長さ1~3㎝の柄があり、上に立ってつくのが特徴。花被片4(5)個、雄しべ4(5)個。雌花序は無柄。痩果の表面に突点が多い。
 ウワバミソウは花期が遅く、大型。葉の鋸歯が6~11対。
[花期] 3~5月
[草丈] 10~30㎝
[生活型] 多年草
[生育場所] 山地の陰湿地
[分布] 在来種 本州(関東地方以西)、四国、九州
[撮影] 豊田市   04.5.2
TOP Back