ヒメイズイ  姫萎蕤
[別  名] ヒメアマドコロ
[中国名] 小玉竹 xiao yu zhu
[英名] dwarf Solomon's seal
[学名] Polygonatum humile Fisch. ex Maxim.
キジカクシ科 Asparagaceae  アマドコロ属
三河の植物観察
ヒメイズイの花
ヒメイズイの花2
ヒメイズイ葉裏
ヒメイズイ
ヒメイズイ葉表
ヒメイズイ葉裏の毛
 キジカクシ科は旧分類のユリ科から分割された。
 根茎は円柱形、長くて細く、幅 (2)3~5㎜、 節間も長い。茎は直立し、長さ(8)25~50㎝、無毛、中部以上に稜がある。葉は互生し、7~9(11)個つき、葉柄は非常に短い。葉身は長さ(4)5.5~8.5㎝、幅1.5~4 4㎝、長楕円形~卵状披針形、葉裏に羽毛があり、基部は鈍形、先は鋭形、鈍端。花は葉腋に1(~2)個ずつ、下垂する。苞は無い。花柄は長さ0.8~1.3㎝。花被は筒状に合着し、長さ1.5~1.7㎝、白色、先は緑色、浅く6裂し、裂片は長さ約2㎜。花糸は長さ約3㎜、やや扁平、疣状突起が密にある。葯は長さ約3㎜。子房は長さ約4㎜。花柱は長さ1.1~1.3㎝。果実は液果、直径8~9㎜の球形、青黒色に熟し、種子が5~6個入る。2n = 20, (22, 30, 31)。
 アマドコロ Polygonatum odoratum は根茎が太く、甘味がある。茎は6本の稜があって角張り、上半部が弓状に曲がる。葉はほとんど柄がなく、長さ5~10㎝、幅2~5㎝の長楕円形。葉裏は粉白緑色。花が1~2個ずつ葉脇について垂れ下がる。花被は白色、長さ1.5~2㎝、筒状の鐘形、先が6裂し、裂片は淡緑色、長さ約3㎜。花糸は花被の筒部に合着し、微細な突起がある。葯は長さ約4㎜。液果は直径7~10㎜、青黒色に熟し、種子が7~9個入る。2n=20
[花期] (4)5~6月
[草丈] 20~50㎝
[生活型] 多年草
[生育場所] 山野、海岸
[分布] 在来種  北海道、本州、(中部地方以北)、九州、朝鮮、中国、ロシア
[撮影] 豊橋市(植栽)  15.4.21
TOP Back