ヒメフウロ  姫風露
[中国名] 汉荭鱼腥草 han hong yu xing cao
[英名] Herb Robert, Red Robin, Death come quickly, Robert Geranium
[学名] Geranium robertianum L.
フウロソウ科 Geraniaceae  フウロソウ属
三河の植物観察
ヒメフウロの花序
ヒメフウロの花
ヒメフウロの萼
ヒメフウロの果実
ヒメフウロの未熟な果実
ヒメフウロ葉先の突起
ヒメフウロ
ヒメフウロ葉
ヒメフウロ果体と中の種子
ヒメフウロ紅葉
 幸田町内の道端で見られるようになった。在来種でなく、外来の園芸種 Herb Robert が逸出したものと思われる。
 全体に腺毛が生え、特有の臭いがある。茎は赤色を帯び、節がやや膨らむ。葉は長さ5~15㎝、3全裂し、さらに細かく分裂し、先端に点状の突起がある。花期の終わりに紅葉する。花は葉腋の花柄の先に2個ずつつく。花柄は長さ1~2㎝、小花柄は長さ3~8㎜。花は直径約1㎝、淡紅紫色~赤紫色、花弁に濃い2本のすじがある。萼片は長さ6~9㎜、開出毛と腺毛があり、先に棒状の芒がある。果体は無毛、長さ2~3㎜、表面に隆起したしわがある。嘴は長さ6~7㎜、無毛。花柱は長さ15~20㎜。種子には微細な凹点がある。2n=64
 チゴフウロは10個の雄しべのうち5個に葯がない。また、果体に伏毛が密生し、萼片の先に棒状の芒がなく、点に終わる。
 オトメフウロは葉が深く切れ込み裂片が細く、上部では裂片が糸状になる。果体は短毛が生える。
 オランダフウロ属(エロディウム属)の園芸種が「姫フウロ」という名で販売されていることがある。オランダフウロ属は葉が羽状複葉又は羽状に中~深裂し、花は散形花序に5~10個つける。
 アメリカフウロは花色が薄く、葉が円い。果体に毛がある。
[花期] 5~8月
[草丈] 10~50㎝
[生活型] 1年草又は越年草
[生育場所] 石灰岩地
[分布] 在来種 本州(中部)、四国(剣山)
帰化種 ヨーロッパ、アジア、北アメリカ、北アフリカ原産
[撮影] 幸田町 12.5.24
TOP Back