アメリカフウロ  アメリカ風露
[中国名]

野老鹳草 ye lao guan cao

[英名] Carolina geranium
[学名] Geranium carolinianum L.
フウロソウ科 Geraniaceae フウロソウ属
三河の植物観察
アメリカフウロ花
アメリカフウロ花横
アメリカフウロ果実
アメリカフウロの種子
アメリカフウロ
アメリカフウロ葉
アメリカフウロ果体
 日本へは昭和初期に持ち込まれたといわれている。全体に白い軟毛が生え、茎はよく分岐し、下部は倒れ、上部は直立する。ゲンノショウコに葉が似ているが、茎の毛が細かく、葉は長さ2.2~6.5㎝、基部まで5~7裂する。茎の上部の葉腋に花を2個ずつつける。花柄は普通、腺毛があり、小花柄は短い。花の直径は約8㎜。萼片の先に長さ約2㎜の突起がある。果体は黒く完熟するまで萼片に覆われており、長く上に伸びた嘴が巻き上がって種子が出る。果体は5個に分かれ、長剛毛と短毛が生え、種子は1粒ずつ入る。種子は長さ約2㎜、網目模様がある。2n= 46~48,52
[花期] 5~6月
[草丈] 10~40㎝
[生活型] 1年草(越年草)
[生育場所] 畑地、道端、荒地
[分布] 帰化種 北アメリカ原産
[撮影] 形原町 02.4.20
TOP Back