ヒメゴウソ  姫郷麻
[別名] アオゴウソ 青郷麻
[中国名] 镜子薹草 jing zi tai cao
[学名] Carex phacota Sprengel
Carex shichiseitensis Hayata.
カヤツリグサ科 Cyperaceae  スゲ属
三河の植物観察
ヒメゴウソの花穂
ヒメゴウソの雌小穂
ヒメゴウソの雌小穂
ヒメゴウソ果胞の乳頭状突起
ヒメゴウソ基部
ヒメゴウソ
ヒメゴウソ果胞
ヒメゴウソ果胞2
ヒメゴウソ葉表
ヒメゴウソ葉裏
 和名の由来はゴウソに似て小く、小穂が緑白色であることから。茎根は短く、叢生する。葉は粉白色で、幅2~6㎜。苞は無鞘。小穂は3~5個。上部の黄色は雄小穂、緑白色に見えるのが雌小穂で、長い柄がある。雌小穂は長さ2~6㎝、先端に短い雄花部をつけることが多い。鱗片は凹頭~鈍頭ときに鋭頭、淡緑色、中肋の先は芒となり、芒の長さは変化がある。果胞は長さ2.5~3.5㎜、扁平な広楕円形、乳頭状突起が密につく。痩果は長さ約1.5㎜のほぼ円形、断面レンズ形、柱頭は2岐。
 全体に小型で上部の雌小穂の柄が短く、雌鱗片の芒が短く、果胞が小さく(長さ2.5~3㎜)、果胞の脈が見えるものをヒメゴウソ var. gracilispica とし、やや大型で、雌鱗片が長く果胞より突き出し、果胞が長く(長さ3~3.5㎜)、果胞の脈が不明瞭なものをホナガヒメゴウソ var. phacota とする説もある。しかし、果胞の長さを実測したところ2.7~3.3㎜であり。中間の大きさであった。小穂の長さも色も変化がある。
 色がよく似たタチスゲは果胞に脈があり、柱頭が3分岐。
[花期] 5月
[草丈] 20~60㎝
[生活型] 多年草
[生育場所] 湿地、湿った道端
[分布] 在来種 日本全土、中国、ンド、ネパール、スリランカ、インドネシア、マレーシア、ミャンマー、タイ、ベトナム
[撮影] 長之山湿原   03.5.24
TOP Back