ヒエガエリ  稗返り
中国名] 棒头草 bang tou cao
[学名] Polypogon fugax Steud.
イネ科 Poaeceae  ヒエガエリ属
三河の植物観察
ヒエガエリ花序2
ヒエガエリ花序拡大
ヒエガエリ花序拡大2
ヒエガエリの茎と葉舌
ヒエガエリの蒴果
ヒエガエリ
ヒエガエリ
ヒエガエリの葉
ヒエガエリの葉先
ヒエガエリ小穂
ヒエガエリ護頴と内頴に包まれた果実
 湿った場所だけでなく、乾いた空地でも見られる。乾いた場所の花序はあまり開かない。
 茎はやや叢生して直立し、無毛、平滑。葉は質が薄く柔らかで、長さ5~10㎝、幅3~7㎜の広線形。葉舌は長さ5~6㎜、鋭形。花序は穂が開く前は長さ3~8㎝、幅1.5~2㎝の円柱形で、後にやや円錐形になり、密に小穂をつける。小穂は長さ約2㎜で、白緑色又は白緑紫色、1小花をもつ。苞頴は短毛があり、先が浅く2裂し、苞頴とほぼ同長の芒がある。小花は長さ1~1.2㎜。護頴は薄い膜質、短い芒がある。内頴も薄い膜質。果実(蒴果)は熟すと、苞頴を残して護頴と内頴に包まれたまま落ちる。蒴果は長さ約1㎜の長惰円形。
 海辺の湿地などに生育するハマヒエガエリは苞頴の芒が長く、苞頴の2~3倍の長さがある。
[花期] 5~6月
[草丈] 20~40㎝
[生活型] 1・2年草
[生育場所] 日当たりのよい水辺、湿地、水田畦、空地
[分布] 在来種 本州、四国、九州、沖縄、朝鮮、中国、台湾、ロシア、インド、ネパール、ブータン、パキスタン、ミャンマー、西アジア、中央アジア
[撮影] 蒲郡市鹿島町  09.6.3
TOP Back