ヘクソカズラ  屁糞蔓/屁臭蔓
[別名] ヤイトバナ
[中国名] 鸡矢藤 ji shi teng
[英名] skunkvine
[学名] Paederia scandens (Loureiro) Merrill
Paederia foetida L.
Paederia foetida auct. non L.
アカネ科 Rubiaceae  ヘクソカズラ属
三河の植物観察
ヘクソカズラの花
ヘクソカズラの花横
ヘクソカズラの果実
ヘクソカズラの果実拡大
ヘクソカズラの核
ヘクソカズラ
ヘクソカズラの葉
ヘクソカズラの細葉
 特有のいやな臭いがあり、これが和名に由来する。日当たりの良い山道でよく見かけられる。学名はPaederia scandensとされ、Paederia foetida とは異なるという見解があるが、Paederia foetida が使われていることも多い。東アジアに自生し、北アメリカやハワイなどに帰化している。
 葉は対生し、長さ4~10㎝、幅1~7㎝の楕円~狭卵形形。花冠は鐘状で灰白色、中央は紅紫色で毛が生える。お灸をすえた跡に似ていることから、ヤイトバナ(灸花)とも呼ばれる。雄しべ5個は花冠の内部につき、花糸は短い。花柱は2個、基部で合着する。果実は直径約5㎜の球形の核果(石果ともいう。)、黄褐色に熟す。中央の凹んだ半球形の核が2個入る。
 葉幅が狭く、基部が円形のものはホソバヤイトバナ(別名コバノヤイトバナ)と呼ばれる。葉幅の変化は連続的であり、明確に区別できないといわれている。
 葉に毛が多いのはビロードヤイトバナと呼ばれる。これも変化が連続的である。、
 ツツナガヤイトバナは花冠の長さが普通の3倍以上ある。
 葉に毛がなく、艶がある海岸型はハマサオトメカズラと呼ばれる。
[花期] 7~9月
[草丈] つる性
[生活型] 多年草
[生育場所] 日当たりのよい土手、草地などに普通
[分布] 在来種 本州、四国、九州、沖縄、朝鮮、中国、台湾、東アジア
[撮影] 蒲郡市豊岡町  05.8.20
TOP Back
/BODY>