ハタガヤ  畑茅
[中国名] 球柱草 qiu zhu cao
[学名] Bulbostylis barbata (Rottboll) C. B. Clarke
カヤツリグサ科 Cyperaceae  ハタガヤ属
三河の植物観察
ハタガヤ穂
ハタガヤ穂
ハタガヤ穂
ハタガヤ果実
ハタガヤ
ハタガヤ小穂
ハタガヤ果実
 南北アメリカに帰化している。
 茎は直線の糸状、放射状に叢生し、葉も糸状である。茎頂に花序より長い苞葉を1 ~3 個付けた頭状花序を付ける。花序には淡褐色の無柄の小穂が5 ~15個つく。小穂は長さ3 ~7 ㎜の披針形。小穂の鱗片は螺旋状に並び、鱗片の先は芒状に尖る。花柱の基部は肥厚して小さな球形になる。果実は乳白色の広卵形、断面は3稜形。柱頭は3岐。2n=10
 よく似たイトテンツキは苞葉が短い。
 イトハナビテンツキも茎や葉が糸状であるが、花序枝があり、頭状花序にならない。
[花期] 8~10月
[草丈] 10~40㎝
[生活型] 1年草
[生育場所] 畑、荒地、道端
[分布] 在来種 北海道、本州、四国、九州、朝鮮、中国、台湾、東南アジア、北アフリカ、オーストラリア
[撮影] 蒲郡市形原町 03.8.3
TOP Back