ハリガネスゲ  針金菅
[中国名] 发秆薹草 fa gan tai cao
[英名] hair sedge, yellow-leaf sedge
[学名] Carex capillacea Boot
カヤツリグサ科 Cyperaceae  スゲ属
三河の植物観察
ハリガネスゲの小穂
ハリガネスゲの小穂2
ハリガネスゲの葉先
ハリガネスゲ
ハリガネスゲ果胞と種子
 根茎は短く、叢生する。葉は幅1~1.5㎜の糸状。茎は細く、やや硬く、稜は鈍い。茎頂に長さ5~12㎜の雌雄性の小穂を1個つける。小穂は上に少数の雄花の雄花部、下に少数の雌花の雌花部があり、ほぼ同長。果胞は長さ2.5~3㎜、熟すと平開し、腹面に明瞭な5脈があり、痩果をゆるく包む。鱗片は果胞より短く、褐色、円頭。柱頭は3岐。痩果は褐色、長さ1.6~1.7㎜の3稜がある卵形。2n=60
 コハリスゲは高地に生え、小型。葉が幅1㎜以下。小穂は長さ3~5㎜、雄花部が小さい。果胞は長さ2~2.5㎜、ほぼ無脈、無毛、あまりダブつかず、痩果が透けて見える。鱗片は果胞より短く、落ちやすい。
 マツバスゲは葉がやや太く、小穂もやや大きい。果胞が長さ1.5~2㎜と短く、鱗片とほぼ同長。
[花期] 4~6月
[草丈] 10~30㎝
[生活型] 多年草
[生育場所] 低山~亜高山の湿地
[分布] 在来種 北海道、本州、四国、九州、朝鮮、中国、台湾、タイ、ミャンマー、インドネシア、フィリピン、オーストラリア、ニュージーランド
[撮影] 長ノ山湿原 02.4.20
TOP Back