ハナゼキショウ  花石菖
[別名] イワゼキショウ
[学名] Tofieldia nuda Maxim. var. nuda
チシマゼキショウ科 Tofieldiaceae チシマゼキショウ属
三河の植物観察
ハナゼキショウ2
ハナゼキショウの花序
ハナゼキショウの花
ハナゼキショウの未熟な果実
ハナゼキショウ
ハナゼキショウ葉
ハナゼキショウ小花柄
ハナゼキショウ未熟な種子
 チシマゼキショウ科はユリ科から分割された。
 愛知県では東三河地域でしか見られず、絶滅危惧Ⅱ類に指定されている。国ではリスト外。園芸種として販売されている。
 地下茎は短い。根生葉は長さ5~25㎝の剣状葉、縁に微細な鋸歯はなく、全縁、内折れし、基部が重なり、左右に2列につく。 花茎は高さ15~30㎝、2~3個小さな葉がつき、茎頂の長さ3~12㎝の総状花序に多数の花をつける。小花柄は長さ5~10㎜、基部に1個の苞が小花柄を包むようにつく。花被片は6個つき、白色、長さ3~4㎜の線状長楕円形。 雄しべは6個、花被片と同長かやや長い。花柱は3個。果実は卵状惰円形の蒴果。種子は尾状付属物がつかない。2n=30
[花期] 7~8月
[草丈] 10~30㎝
[生活型] 多年草
[生育場所] 山地の岩崖地
[分布] 在来種(日本固有種) 本州(関東地方以西)、四国、九州
[撮影] 新城市 14.7.31
TOP Back