ヒメイワショウブ   姫岩菖蒲
[学名] Tofieldia okuboi Makino
チシマゼキショウ科 Tofieldiaceae チシマゼキショウ属
ヒメイワショウブの花
ヒメイワショウブの花
ヒメイワショウブ
 チシマゼキショウ科はユリ科から分割された。
 葉は長さ3~6㎝、幅2~6㎜、中央の幅が広い。長い花茎の先に長さ1~4㎝の総状花序をつける。花は5~10個ほどつく。花柄は長さ2~6㎜。花被片は白色、6個、長さ約6㎜。雄しべは6個、葯は黄色。雌しべは1個、花柱3個、子房は緑色。蒴果は長さ約4㎜。
 高山から低山の湿地に生えるイワショウブは全体に大きく、花茎の上部が粘る。
[花期] 7~8月
[草丈] 5~15cm
[生活型] 多年草
[生育場所] 亜高山~高山の岩場、 草地
[分布] 在来種(日本固有種) 北海道、本州(中部地方以北)
[撮影] 千畳敷  06.8.8
TOP Back