ハマアオスゲ  浜青菅
[別名] スナスゲ
[中国名] 纤维青菅 xian wei qing jian
[学名] Carex fibrillosa Franch. et Sav.
Carex breviculmis R.Br. var. fibrillosa (Franch. et Sav.) Kuk. ex Matsum. et Hayata
カヤツリグサ科 Cyperaceae   スゲ属
三河の植物観察
ハマアオスゲ苞の長い花序
ハマアオスゲ苞の短い花序
ハマアオスゲ雄小穂
ハマアオスゲ雌小穂
ハマアオスゲ葉鞘
ハマアオスゲ
ハマアオスゲ果実
ハマアオスゲ葉表
ハマアオスゲ葉裏
ハマアオスゲ根
 アオスゲ似ていて海岸の砂地に生えるため、ハマアオスゲといい、スナスゲとも呼ばれる。地下匐枝を出して広がる。葉は普通、茎より長くて硬く、幅3~5㎜。茎の先に3~5個の直立した小穂を固まって付ける。苞は花穂より短いことが多く、長く伸びることもある。最上部は雄小穂、棍棒状で太い。下側の雌小穂は短い円柱状でアオスゲより太く、雌花にはアオスゲ同様に鱗片に長い芒がつく。果胞は長さ3~3.5㎜、太い脈が見られ、毛が密生し、熟すと黄白色~黄褐色になり、基部に明瞭な柄がある。果実は3稜形、頂部には柱基が付属体として残る。柱頭は3岐。
 イソアオスゲは海岸の岩場に生え、半地上性の匐枝を伸ばし、葉や茎がざらつかない。葉は幅1.5~4㎜。苞は著しく長い。雌小穂がやや離れてつき、花数が10個以下と少ない。果胞は長さ2.5~3㎜、有毛。
 アオスゲは匐枝を出さない。葉の幅が2~3㎜と狭い。果胞は長さ2.5~3㎜、脈がやや不明瞭、毛がまばら。
[花期] 4~6月
[草丈] 10~30㎝
[生活型] 多年草
[生育場所] 海岸の砂地
[分布] 在来種 本州、四国、九州、沖縄、朝鮮、中国、台湾
[撮影] 渥美町西浜   05.5.8
TOP Back