ハマアカザ  浜藜
[別名] コハマアカザ
[学名] Atriplex subcordata Kitagawa
ヒユ科 Amaranthaceae  ハマアカザ属
三河の植物観察
ハマアカザの花序
ハマアカザの花
ハマアカザの茎
ハマアカザ
ハマアカザ葉表
ハマアカザ葉裏
 愛知県では分布が限られ絶滅危惧Ⅱ類に指定されている。
 葉は互生し、長さ2 ~8 ㎝、幅2 ~4 ㎝、三角状卵形~長卵形で、縁に不揃いの鋸歯があり、下部の葉の基部はほこ形に張り出す。花は雄花と雌花が混じって穂状につき、雌花には花被片がない。種子は暗褐色で、直径約3㎜。2n=54
 類似のホソバハマアカザは葉の基部の幅が広くならず、全縁又は不揃いの鋸歯がある。
[花期] 8~10月
[草丈] 40~60㎝
[生活型] 1年草
[生育場所] 海岸の塩湿地
[分布] 在来種 北海道、本州、朝鮮、ロシア
[撮影] 御津町大草海岸  06.8.23
TOP Back