ハイヌメリ  這い滑り
[別名] ハイヌメリグサ
[学名] Sacciolepis indica (L.) Chase var. indica
Sacciolepis spicata (L.) Honda ex Masam. var. spicata
イネ科 Poaceae  ヌメリグサ属
ハイヌメリの穂
ハイヌメリの葉舌
ハイヌメリの葉表
ハイヌメリの葉裏
ハイヌメリの表面に光沢のある小花
ハイヌメリ
ハイヌメリ匍匐する茎
ハイヌメリ小穂
 アフリカやアメリカにも帰化し、世界に広く分布する。ヌメリグサは茎が匍匐せず、直立する。中間型もあり、ハイヌメリを含めてヌメリグサ Sacciolepis indicaとする見解がある。分類する場合はハイヌメリを基本種とし、ヌメリグサを変種又は品種とする。
 茎の基部は匍匐して広がり、群生する。葉は無毛で、柔らかく、長さ3~10㎝、幅3~4㎜の線形。葉舌は膜質で短い。葉鞘は無毛。直立した長さ1~5㎝、幅約5㎜の穂状花序に密に小穂がつく。小穂は長さ約3㎜の淡緑色の狭卵形、上端は嘴状で、白色の長毛がまばらにつく。2小花からなるが第1小花は不完全で護頴だけとなる。。第1苞頴は小さく、卵形。第2苞頴は大きく、脈がある。小花(第2)の護頴は厚くてガラス状の光沢がある。果実は長さ約0.8㎜、茶褐色。
 ヌメリグサは茎が横に這って広がることはなく、花序がやや大きく、小穂が紫褐色を帯びる。
[花期] 8~10月
[草丈] 10~40㎝
[生活型] 1年草
[生育場所] 水田、湿った畑
[分布] 在来種  本州、四国、九州、アジアの熱帯~温帯、ポリネシア、オーストラリア
[撮影] 幡豆町 09.9.12
TOP Back