ハイメドハギ  這蓍萩
[学名] Lespedeza cuneata (Du Mont. d. Cours) G. Don. var. serpens (Nakai) Ohwi.
マメ科 Fabaceae  ハギ属
三河の植物観察
ハイメドハギ花
ハイメドハギ萼
ハイメドハギ蕾
ハイメドハギ汚れ花
ハイメドハギ果実
ハイメドハギ茎
ハイメドハギ
ハイメドハギ
ハイメドハギ葉
ハイメドハギ果実と種子
 メドハギの変種。茎は地を這って広がり、普通、開出毛がある。茎に毛の無いものもあり、毛のあるものをケハイメドハギと品種に分けることもある。葉は3小葉、密につく。小葉の幅がメドハギよりやや広く、長卵形。蕾は紫色。花は旗弁の裏が紫色で、表の中央部が端まで紫色。舟弁の先も紫色になる。萼は深く5裂し、萼片の幅は狭く披針形、先が尖る。果実は長さ2.5~3㎜の扁平な円形~惰円形、毛が散生し、1種子が入り、萼片は果実より短い。種子は長さ1.7~2.3㎜
 メドハギは茎の毛が伏毛。花は旗弁の基部だけが紫色で、蕾が白色。
 ヤハズソウは花の色が違うが、花後はよく似ている。茎の毛が下向きに伏せる。果実の萼片が幅広く、果実の半分以上を覆う。
[花期] 8~10月
[草丈] 10~50cm
[生活型] 多年草
[生育場所] 日当たりのよい草地、道端
[分布] 在来種  本州、四国、九州
[撮影] 蒲郡市  09.9.25
TOP Back