ゴマナ  胡麻菜
[学名] Aster glehni Fr. Schm. var. hondoensis Kitam.
キク科 Asteraceae (Compositae)  シオン属
三河の植物観察
ゴマナの花序
ゴマナの花
ゴマナの総苞
ゴマナ
ゴマナの葉
 北海道などに分布するエゾゴマナの変種とされている。
 茎や葉に細かい毛があり、ざらつく。葉は互生し、長さ13~19㎝と大きく、先が尖り、基部は楔形の長楕円形、縁に鋸歯がある。葉脈が深く、ゴマの葉に似ているのが特徴である。大きな散房状の花序になり、直径約15㎜の小さな頭花を多数つける。舌状花は雌性、白色で多数。筒状花は両性、黄色。舌状花、筒状花ともに冠毛がある。総苞は長さ3~3.5㎜、毛が多い。痩果は長楕円形、白色の冠毛がつく。
 エゾゴマナは花がやや大きく、総苞が長さ4~5㎜。
 イナカギクは葉にビロード状の毛があり、葉元から1/3のところで急に狭くなり、基部がやや茎を抱く。
 シロヨメナは葉にほとんど毛がない。
[花期] 9~10月
[草丈] 100~150㎝
[生活型] 多年草
[生育場所] 山地のやや湿った草原、道端
[分布] 在来種(日本固有種) 本州、四国、九州
[撮影] 豊田市  07.9.15
TOP Back