ベニバナボロギク  紅花襤褸菊
[中国名] 野茼蒿 ye tong hao
[英名] thickhead, fireweed
[学名] Crassocephalum crepidioides (Benth.) S. Moore
キク科 Asteraceae (Compositae)  ベニバナボロギク属
三河の植物観察
ベニバナボロギクの花序
ベニバナボロギク頭花基部
ベニバナボロギク頭花
ベニバナボロギク冠毛
ベニバナボロギク痩果
ベニバナボロギク
ベニバナボロギク葉表
ベニバナボロギク葉裏
 第2次世界大戦後に日本各地に広がった。
 茎は直立して分岐する。葉は互生し、長さ10~20㎝の倒卵形で、下部の葉は羽状に裂け、基部は茎を抱かない。頭花は両性の筒状花のみからなり、下向きに垂れ下がる。総苞は円柱形、総苞片は1列、基部に細い苞が多数つく。花冠の先は朱赤色で、根元は冠毛が見え白色。花柱の先は長く突き出し、丸く巻く。痩果は赤褐色、長さ約2㎜の円柱形、10本の縦肋がある。冠毛は細く、取れやすい。2n=40
 類似種のダンドボロギクは、葉に切れ込みがなく、葉柄がない。頭花は白色で、上向きに咲く。
[花期] 8~10月
[草丈] 30~70cm
[生活型] 1年草
[生育場所] 道端、荒地
[分布] 帰化種 アフリカ原産
[撮影] 下山村  01.10.20
TOP Back