アズマナルコ  東鳴子
[中国名] 二形鳞薹草 er xing lin tai cao
[学名] Carex dimorpholepis Steud.
カヤツリグサ科 Cyperaceae スゲ属
三河の植物観察
アズマナルコの雌小穂
アズマナルコの雌小穂の雄花
アズマナルコの雌小穂の基部についた雄花
アズマナルコの基部の鞘
アズマナルコ苞の基部
アズマナルコ
アズマナルコ花序
アズマナルコ果胞、鱗片、痩果
アズマナルコ葉表
アズマナルコ葉裏
 根茎は短く、叢生する。基部は太く、鞘は葉身を欠き、淡褐色(地下の部分は色が濃い)。葉は幅5~12㎜、柔らかく、縁に上向きの小刺があり、ざらつく。苞は長く、無鞘。小穂は茎の上部に集まって3~6個つき、垂れ下がる。頂部の雄小穂は長さ4~10㎝の線形。側小穂は雌性、幅4~5㎜、長さ3~12㎝、細くて長い柄があり、垂れ下がる。側小穂の先に小さな雄花をつける小穂も多く、基部に雄小穂をつけることもある。果胞は長さ2.5~3㎜、狭卵形~卵形、平滑、嘴は短く、口部は凹形、熟すと膨らむ。雌鱗片は淡緑色で短い芒があり、果胞より幅が狭く、長さはほぼ同長かやや短いこともある。痩果は長さ約1.5㎜、広卵形、褐色、断面はレンズ形、表面に微細な凸凹がある。柱頭は2岐。
 テキリスゲは葉や茎が著しくざらつき、葉が硬い。果胞が長さ2~2.5㎜と小さく、嘴の先が2つに小さく分かれる(小2歯状)。基部に糸網を生じる。
 オタルスゲは果胞が膨らまず、嘴が長い。
 アゼナルコは果胞に乳頭状突起があり、口部が全縁。鱗片に長い芒がある。
[果期] 5~6月
[草丈] 40~80㎝
[生活型] 多年草
[生育場所] 山地の湿った場所、渓流
[分布] 在来種 北海道、本州、九州、朝鮮、中国、インド、ネパール、ミャンマー、スリランカ、タイ、ベトナム
[撮影] 岡崎市 12.6.4
TOP Back