アゼナルコ  畔鳴子
[別名] アゼナルコスゲ  畔鳴子菅
[中国名] 二形鳞薹草 er xing lin tai cao
[学名] Carex dimorpholepis Steud.
カヤツリグサ科 Cyperaceae  スゲ属
三河の植物観察
アゼナルコの小穂
アゼナルコの雌小穂
アゼナルコの鱗片と果胞
アゼナルコ
アゼナルコ果胞
アゼナルコ果胞拡大
 和名は穂が鳴子に似て畔に生えることから。茎の断面は3角形。葉は黄緑色で幅0.4~1㎝。小穂は4~6個つき、長さ3~7㎝、幅約5㎜、垂れ下がる。最上部を除いて雌花、最上部の小穂の雄花の先にも雌花がつくのが特徴である。果胞は長さ約3㎜の広卵形、扁平、嘴がほとんどなく、表面に乳頭状突起が密生する。突起はゴウソより突起が低く、やや不明瞭。柱頭は2岐、取れやすい。鱗片は果胞に比べ幅が狭く、先は凹頭、太くて長い芒がつき、芒には鋭い上向きの刺がある。果実は果胞よりかなり小さく、長さ1.8㎜の扁平な倒卵形、褐色~暗褐色。2n=62,76。
[果期] 4~6月
[草丈] 20~80㎝
[生活型] 多年草
[生育場所] 畔、川岸、湿った林縁、草地
[分布] 在来種 北海道、本州、朝鮮、中国、インド、ネパール、スリランカ、タイ、ベトナム、ミャンマー
[撮影] 豊田市 05.6.5
TOP Back