アワゴケ  泡苔
[中国名] 日本水马齿 ri ben shui ma chi
[学名] Callitriche japonica Engelm. ex Hegelm.
オオバコ科 Plantaginaceae  アワゴケ属
三河の植物観察
アワゴケ花
アワゴケ果実
アワゴケ若い果実
アワゴケ果実
アワゴケ
アワゴケ2
 苔の生えるような湿った場所に生え、小さくて地を這い、葉が丸くて泡のようにも見えることから名付けられた。葉は対生し、長さ2~5㎜の倒卵形、基部は長い柄となる。雌雄同株。花は花弁や萼がない。雄花は雄しべ1個。雌花は雌しべ1個、花柱2個。花後に花柱は脱落し、果実に花柱は残らない。果実は長さ1㎜弱の基部が狭まったハート形、綾に翼がある。
 同属のミズハコベは浮葉・沈水植物で、果実に花柱が直立して残る。最近は帰化種のアメリカアワゴケが増えているようである。アメリカアワゴケは葉の幅が狭く、果実に柄があり、稜の翼がない。
[花期] 5~6月
[草丈] 地を這う(長さ2~5㎝)
[生活型] 1年草
[生育場所] 湿った庭、境内、公園など
[分布] 在来種  本州(関東地方以西)、四国、九州、沖縄、中国、台湾、インド、インドネシア、タイ
[撮影] 岡崎市  09.7.30
TOP Back