アサマリンドウ  朝熊竜胆
[学名] Gentiana sikokiana Maxim.
リンドウ科 Gentianaceae  リンドウ属
アサマリンドウ花
アサマリンドウ花2
アサマリンドウ
 和名の由来は三重県の朝熊山(あさまやま)で発見されたことから。リンドウより小型。
 山地の林内に生える多年草。葉は対生し、無柄。葉身は卵形~長楕円形、長さ3~8㎝、やや光沢があり、縁はほぼ全縁~波状縁、先が尖る。茎の頂部に、花を1~4個、上向きに束生する。花冠は漏斗状鐘形、青紫色、長さ4~5㎝、筒部の内面に縦の縞模様があり、先が5裂する。花冠裂片に白色の斑点があるものと無いものがある。裂片の間の副片は小さく、裂片の先は尖る。5個の萼裂片は卵形~広卵形、先は尖鋭形、平開する。
[花期] 9~11月
[草丈] 10~25㎝
[生活型] 多年草
[生育場所] 山地の林内
[分布] 在来種(日本固有種) 本州(紀伊半島、南部、中国地方)、四国、九州
[撮影] 牧野植物園 03.11.1
TOP Back