アラゲハンゴンソウ  粗毛反魂草
[別名] キヌガサギク
[英名] blackeyed Susan, hairy coneflower
[学名] Rudbeckia hirta L. var. pulcherrima Farwell
キク科 Asteraceae  オオハンゴンソウ属
三河の植物観察
アラゲハンゴンソウ花
アラゲハンゴンソウ総苞
アラゲハンゴンソウ茎
アラゲハンゴンソウ葉
アラゲハンゴンソウ
アラゲハンゴンソウの根生葉
 戦前から北海道では見られ、最近では全国的に広がり、奥三河でも見られる。名のとおり、茎や葉など全体に粗い毛が生える。葉は互生し、長楕円形で、浅い鋸歯がある。上部の葉はほとんど無柄、下部の葉は有柄。頭花は直径約7㎝。舌状花は約14個、筒状花は暗紫色。2n=38
 類似種にオオハンゴンソウがある。
[花期] 7~9月
[草丈] 50~90㎝
[生活型] 2年草
[生育場所] 道端、草地
[分布] 帰化種  北アメリカ原産
[撮影] 稲武町  04.7.4
TOP Back