アマナ  甘菜
[別名] ムギグワイ
[中国名] 老鸦瓣 lao ya ban
[学名] Amana edulis (Miq.) Honda
Tulipa edulis (Miq.) Baker
ユリ科 Liliaceae  アマナ属
三河の植物観察
アマナの花
アマナの花裏
アマナの苞
アマナ
アマナの葉
 鱗茎がクワイに似ているので別名をムギクワイという。葉は長さ15~20㎝、幅0.5~1㎝、中央に白色の線がある。花茎は細く、高さ15~20㎝になり、茎頂に普通1個の白い花がつく。花被片は6個、長さ約2㎝。花被片の裏に細い暗紫色の脈がある。雄しべも6個。花の下部の苞は普通2個(稀に3個)つく。果実は直径5~7㎜のほぼ球形。2n=48
 ヒロハノアマナは葉の幅が広く、白線の幅も広い。また、苞が常に3個つく。
[花期] 3~4月
[草丈] 15~20㎝
[生活型] 多年草
[生育場所] 草地、畔、林縁
[分布] 在来種 本州(東北地方南部以西)、四国、九州、朝鮮、中国
[撮影] 鳳来町  04.4.11
TOP Back