アカミタンポポ  赤実蒲公英
[別名] キレハアカミタンポポ
[英名] rock dandelion, red-seed dandelion
[学名] Taraxacum laevigatum (Willd.) DC.
Taraxacum erythrospermum Andrz. ex Besser
キク科 Asteraceae (Compositae)  タンポポ属
三河の植物観察  
アカミタンポポの花
アカミタンポポの総苞
アカミタンポポの総苞外片
アカミタンポポの果実
アカミタンポポとセイヨウタンポポの痩果・種子
アカミタンポポ
アカミタンポポの葉
アカミタンポポの葉裏
アカミタンポポの痩果
 セイヨウタンポポと同じ明治期に持ち込まれ、原産地も同じヨーロッパである。セイヨウタンポポと同じ3倍体で、単為生殖して広く帰化し、乾燥に強い。セイヨウタンポポに良く似て、全体に小型である。葉は深く切れ込むことが多く、別名はこれに由来する。雑種と思われるものも多い。
 頭花は黄色、総苞外片が下向きに折れ曲がり、総苞内片は緑色が濃く、セイヨウタンポポそっくりであり、先に突起(hood)がある。総苞外片の表面(反曲して見えない側)にこぶ状の突起があるのも同様である。痩果がセイヨウタンポポより小さく、赤褐色である。3倍体2n=24。
 北アメリカで多く見られるTaraxacum erythrospermumもred-seeded dandelionと呼ばれ、痩果がオリーブ色~オリーブブラウン色~黄褐色~赤褐色~灰色である。2n= 16, 24, 32。Taraxacum laevigatumと同義語とされるが、異なるという見解もある。
[花期] 3~6月
[草丈] 15~20cm
[生活型] 多年草
[生育場所] 道端、草地
[分布] 帰化種 ヨーロッパ原産
[撮影] 蒲郡市 11.4.20
TOP Back